底抜けホールインワン

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

【1】難易度

 

○ 身体上     中

 

○ 頭脳上     中

 

 

【2】期待される効果

 

○ 上肢を中心とした機能訓練

 

○ バランス感覚の訓練

 

○ 共同作業訓練

 

○ 頭脳トレーニング

 

 



スポンサーリンク





【3】材料

 

○ ダンボール板(大きめのもの)

 

○ 野球ボール大のできるだけ軽い球    1セット10個

 

○ カゴ                         1セット1個

 

 

【4】事前準備

 

① ゲーム盤作成

 

○ 図のように、ダンボール板の周囲にボールが出ない高さの壁を作り、

 

○ そして内側の中央の位置にボールがちょうど通り抜けるような穴をあける

 

 

【5】やり方

 

<タイムアタック>

 

ゲーム盤が1セットのみで行う場合

 

① 図のように参加者には2人一組で向かい合わせに座ってもらって、

 

双方からゲーム盤を両手で持ってもらう

 

中に10個のボールを入れる

 

② 2人で協力してゲーム盤を傾けながら、全てのボールをできるだけ早く

 

中央の穴から落とすようにがんばる(スタッフはスタートから終了までのタイムを計る)

 

③ 参加者全員が2人ずつ順番にこれを行い、終了後、タイムが短い順にランキングして表彰する

 

 

<勝ち抜き戦>

 

ゲーム盤を複数用意した場合

 

⇒ 複数の組が同時に行い、早く全部落とした組が勝ち上がり、トーナメント戦を行う。

 

 

【6】参考(似ているゲーム)

 

ハメハメ玉


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です