巨大すごろく

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

タイトルのわりにはとても準備がカンタンなレク。

 

10分もあれば準備できてしまうかも。

 

サイコロをふるだけなので、重度の方々におすすめ。

 

 

【1】難易度

 

○ 身体上     低

 

○ 頭脳上     低

 

 

【2】期待される効果

 

○ 競争心の醸成

 

 


スポンサーリンク




 

【3】材料

 

① コピー用紙など(A4が良いと思われます。裏紙でもOK) 多数(すごろくのマス目の数分)

 

② サイコロ(ぬいぐるみタイプのソフトである程度の大きさのあるものが良いと思われます)1個

 

③ すごろくのコマにするもの(ぬいぐるみなど参加者の分身になるようなものがベター) 参加人数分

 

④ 筆記用具(マジックなど)                  適量

 

 

【4】事前準備

 

 

○ すごろくのマス目の作成:

 

 

材料①の紙、1枚をひとつのマス目とするので、イベントのあるマス目にその内容を書く

 

<例> 「スタート」「ゴール」は必ず、その他

 

「1回休み」「3つ進む」「ふりだしにもどる」「偶数が出たら右に進む」のような進み方の他、

 

「歌をうたう」「隣の席の人の肩をもんであげる」などのイベントでも良い

 

 

【5】やり方

 

① マス目の紙をフロアー上あるいはテーブル上に並べる

 

② 参加者1人1人のコマをどれにするのか決める

 

(ぬいぐるみであれば選んでもらい、人数が多ければ、それに名札をつけたりする)

 

③ コマを「スタート」のマス目に並べて置き、ゲームスタート。

 

④ 以後、参加者が順番にサイコロをふって、すごろくを進行して行く。

 

コマを進めるのは基本的にスタッフが行う。


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です