大玉ころがし点取りゲーム

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

【1】難易度

 

○ 身体上     中

 

○ 頭脳上     やや低

 

 

【2】期待される効果

 

○ 投げる動作による身体機能訓練

 

○ 点数対抗による競争心の醸成

 

 

【3】材料

 

① ビーチボール(大きめのもの)                  1個

 

② (ゴミ集積場等で使用する)カラスよけネット            1枚

 

③ たたまれた折り畳みベッドなど高さがあって比較的安定したもの   1台

 

④ イスなど、上記の押さえになるもの               適当数

 

⑤ ネットの下部おもしになる平たくて重いもの           適当数

 

⑥ 模造紙                            1~2枚

 

 



スポンサーリンク





【4】事前準備

 

○ ビーチボールをふくらましておく

 

○ 点数の決め方を理解の上、「点数盤」を模造紙に描いて作成しておく

 

例えば以下のようなもの

 

 

○ 【5】のやり方法を確認の上、【3】材料の内、

②~⑤の最もよい設置方法を事前にテストしておく

 

 

【5】やり方

 

① フロアーの壁際の少し手前の床に「点数盤」をセロテープなどで

 

貼り付けて設置する

 

② その壁の直角方向の(事前準備でテスト済みの)適当な距離に

 

【3】材料の②~⑤を設置する

 

③ 参加者は、1人ずつネットの高いところにビーチボールを置いて

 

から手をはなし、ビーチボールをころがす

 

④ ころがったビーチボールは向こうの壁に当たって跳ね返り、

 

「点数盤」のいずれかの位置で止まる。それが「点数(その1)」

 

⑤ 参加者は、2投目を同じようにビーチボールをころがして行う。

 

「点数(その2)」が出る

 

⑥ 「点数(その1)」×(かける)「点数(その2)」=得点

 

がその参加者の得点となる

 

(点数盤にあるようにマイナスの点数もあるので注意)

 

⑦ 点数を個人対抗で競っても良いし、チーム対抗にしてカウントしても良い


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です