割烹着おかあさんに洗濯ばさみ、急いでつけてー!

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

 

○ 身体上     中

 

○ 頭脳上     中

 

 

 

【2】期待される効果

 

○ 上肢、特に指先の機能訓練

 

 

 

【3】材料

 

○ 洗濯ばさみ              参加者20~30人の場合100個前後

 

○ カゴ                                2個

 

○ 割烹着(ない場合は厚手の羽織るもの)                2着

 

○ 車椅子                               2台

 

 

 

【4】事前準備

 

○ 材料の準備以外特になし

 



スポンサーリンク





 

【5】やり方

 

① 参加者を2チームに分け、それぞれが図のように半円形に並べたイスに座る

 

(直線ではなく円形にするのは、他の人から見えやすくするため)

 

② 各チームの代表者(あるいはスタッフ)が割烹着を着て車椅子に乗り、

 

洗濯ばさみが入ったカゴを持つ

 

③ それぞれのチームの列に沿い、車椅子をスタッフが押して、

 

1人の参加者の前で10秒ずつ停止する(時間は変更してもよい)

 

④ 前に止まった参加者は、割烹着に洗濯ばさみをできるだけ多くくっつけられるようにがんばる

 

⑤ 各チーム、全参加者がやり終えたところで、

 

より多く割烹着に洗濯ばさみがついている方のチームの勝ち

 

 

 

【6】工夫

 

○ 会場の状況によっては円形でなく直線で行ってもいいが、他の人から見えにくくなる

 

○ 1人あたり秒数は適宜変えてもよい

 

○ 待っている間には、盛り上げるように応援を促す

 

○ 麻痺のある参加者のためにも、片手でもできることを、事前にスタッフが手本で示すと良い

 

○ 麻痺等でどうしてもやりにくい参加者については、適宜スタッフが介助する。

 

○ 認知症の方の場合、ゲームの理解や、つまむ行為の理解が難しい場合もあり、適宜スタッフがフォローする

 

 

 

【7】注意

 

○ 指先がつらないように準備運動を念入りに

 

○ イスに座っている人を車椅子の車輪で巻き込まないよう注意

 

 

 

【8】レク別名

 

○ 急いでつけてー!

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です