円形ボーリング

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

 

【1】難易度

○ 身体上   やや低

○ 頭脳上   低

 

【2】期待される効果

○ 主に上肢の運動

○ 全員でピンを倒すことによる協調性

○ 達成感

 

【3】材料

○ ボーリングのピン(のおもちゃ)      適当数

○ ボール                    1人1個とか2個にしても良いし、玉が少なければ1個にしてその都度スタッフが取りに行っても良い

○ (場合によって) ぬいぐるみ等を適当数



スポンサーリンク





 

【4】事前準備

材料を揃える以外とくになし

(直前に円形にイスを並べる)

 

【5】ゲーム段取り

① 参加者は図のように円形に並べたイスに内向きに座っていただく

② ボーリングのピンを円内にアトランダムに配置する

③ 1人ずつボールを投げて頂いて

④ 全部のピンを倒すことを目指す

 

【6】工夫

○ 【5】④では全部を倒すまでを目的にしたが、1周で何本まで倒せるかにしたり、スタッフの発想で自由に変えて良い

○ 場合によっては、ボーリングのピンだけでなく、ぬいぐるみなども配置して、それを障害物にしたり、同様に倒したり、アレンジして良い


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です