体力テスト

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

レクリエーションを兼ねて“体力テスト”をするというのもありかもしれません。

参加者の状況に応じていろいろとメニューを考えてみて下さい。

以下はその一例です。

 

 

【1】種目例

 

(1)歩行テスト

→ 歩行距離10メートルでのタイムを測定

 

(2)柔軟性テスト

→ 座位での体前屈を測定

 

(3)肺活量テスト

→ 嚥下訓練で使う発生練習である「パタカラ」という言葉を一息で何回言い続けることができたか


スポンサーリンク




 

(4)上肢機能テスト

→ 手に持った棒に2.5メートルの長さのロープを巻き取る速度を測定

 

(5)片目片足立ちテスト

→ 両手を腰に当ててどちらか立ちやすい方の足で片足立ちをしたまま、

手が離れたり、足がずれたりするまでの時間を測定

 

 

【2】結果について

以下のような顔写真入りの結果表を作って貼り出してもよいかもしれません

 

 

【3】注意

身体的に重度の参加者が悲しい思いをすることのないように、

いい雰囲気を作って行うことが必要


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です