ポンポン作りとすずめとりゲーム

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

毛糸の毛を立ててまるくしたボールを「ポンポン」といいますが、

これを簡単に作れるキットが「ポンポンメーカー」です。

 

スーパーポンポンメーカー 4個セット

 

 

作っているところはこんな感じ

 

 

 

できたポンポンにフェルトなどで目とくちばしなどをくっつければ、

こんな感じで簡単に小鳥さんができたりします。

 

 

 

今度はこれを使って、「すずめとりゲーム」などのゲームができたりします。

 

<<すずめとりゲーム>>

【1】難易度

○ 身体上   やや低

○ 頭脳上   やや低

【2】期待される効果

○ 反射神経訓練

○ 上肢機能訓練

【3】材料

○ 小鳥の人形   参加人数分

○ 小鳥用ひも   参加人数分

○ かご       1個

○ 棒        2本

○ かご用ひも   2本

○ BGMの曲とプレイヤー


スポンサーリンク




 

【4】事前準備

○ 小鳥の人形にひもをつける。長さは図を参考に適宜に。

○ 棒にもヒモをつける。同様、長さは図を参考に適宜に。

【5】やり方

 

① 小鳥を1箇所に集めて、それにおおいかぶさるようにかごを置く。

② カゴの一方を持ち上げて、棒2本で立てる

③ 棒にはひもが取り付けられており、ひもの一方をカゴ担当のスタッフが持つ

④ 小鳥から出ているひもを各参加者は持つ

⑤ BGM担当スタッフがBGMを開始

⑥ BGM担当が随意にBGMをストップ。それとともにカゴ担当スタッフがひもをひく。

⑦ 参加者はカゴにつかまらないように、急いで小鳥を引き寄せる

⑧ カゴにつかまった小鳥は没収。

⑨ 以上を繰り返して最後の一人になるまで行い、優勝者を決める

 

 

この「すずめとりゲーム」以外にもポンポンの使い方はいろいろありますので、

工夫して楽しんで下さい。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です