ポケットティッシュ投げ

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

こんなものを使ってもレクができます。

ポケットティッシュを投げつけて、ボールを落としましょう。

ポケットティッシュなら、当たっても安全。

駅前で配っていたら、もらって来てレク材料にしましょう。

ただ、ポケットティッシュをうまく飛ばすのは意外とむずかしく、

そのためにかえって盛り上がります。

 

【1】難易度

○ 身体上     中

○ 頭脳上   やや低

 

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練


スポンサーリンク




 

【3】材料

○ ポケットティッシュ       10個ぐらい

○ 野球ボール大のボール(できるだけ軽いもの)    適当数

(絵では6個になっていますが状況によって個数は変えて可)

○ 筒(上記ボールがちょうど乗るもの。ラップの芯やトイレットペーパーの芯などを利用。なければ厚紙などで作る)ボールの数分

○ 必用に応じて箱などで段差を作る

○ テーブルなどの乗せる台

 

【4】事前準備

○ 上記材料について適当なものがなければ作っておく

 

【5】やり方

① だいたい図のような感じで、テーブル上に筒を並べた上にボールを乗せる

② 箱の上に乗せるのは、見た目の楽しさもあるが、

全部1つの面にあると、連鎖して一気に倒れやす過ぎるので、段差をつけるという意味もある。

したがって、この箱は頑丈でぐらぐらせず、なおかつ、下の段のボールの高さより高いのが望ましい。

しかし、この箱による段差は絶対作らなければいけないわけではない。

③ 参加者は、所定の位置に置かれたイスに1人ずつ座っておこなう

④ 参加者は決められた個数のポケットティッシュを投げつけて、より多くのボールを落とすようにがんばる。

⑤ 点数のカウント方法は、ボールも筒もいっしょに倒したら1点、筒を倒さずにボールだけ落としたら3点、などと決めて行う

⑥ 全参加者がやり終えたら、点数の高い順にランキングして表彰する。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です