プラ板工作

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

○ 身体上   やや高

○ 頭脳上   やや高

【2】材料

○ 透明プラ板(透明プラスチック板0.2mm(~0.5mm))

○ アルミホイル

○ オーブントースター

○ マーカーペン(三菱製ポスカが良いとの意見もあるが、普通の油性マジックでも可能)

○ 表面がなめらかな木の板

○ 金属製のお菓子容器のフタ

○ 軍手

○ ハサミ

○ パンチ

○ (必用に応じて)キーホルダーの金具 や 飾りひも



スポンサーリンク





【3】手順

→ 例えば以下を参照

Wikipedia 「プラ板遊び」」

【4】注意事項

○ 火傷注意

○ パンチ穴の開け忘れ注意

【5】工夫

○ 着色が多いとくっついてしまうこともあるが、何度か温めては剥がすと修正できる場合もある

○ 熱をかける部分は火傷等の危険がないとは言えないので、ここは基本的にスタッフが行った方が良い

○ ハサミによる切り取りの部分がやや難しいので、参加者のレベルにるが、ここはスタッフが行った方が良い場合が多い


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です