バドミントンで打ち返し

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

○ 身体上 中

○ 頭脳上 低

【2】期待される効果

○ 上半身機能訓練

○ 反射神経訓練

【3】材料

○ バドミントン用ラケット                  1個

○ 新聞紙                          少々

○ カゴ(スーパーのバスケットのようなカゴなど)    1個



スポンサーリンク





【4】事前準備

○ 新聞紙を野球ボール大程度にまるめてボールを作る    5個

【5】やり方

① 参加者は2チームに分かれ、それぞれのチームが向かい合わせになるように2列に並べたイスに座る

(バドミントンのラケットをある程度振り回しても大丈夫な間隔をとる)

② 片方のチームの端の人から順番に行う

③ 行うことは、図のようにスタッフAがトスしたボールを、参加者がラケットで打ち返し、もう1人のスタッフBがカゴでキャッチするということ

④ 1参加者あたり5球ずつ行う

⑤ より多くボールがキャッチされたチームの優勝

【6】ルール

○ スタッフBは、無理なく動かせる周囲のみカゴを動かしてキャッチして良いが、立ち上がったり、転んだり大きな動きをしないと取れないような方向に飛んだ玉は取りに行かない。特に他の参加者に激突したりしないよう注意する。

○ 参加者はイスから立ってはならない

【7】ポイント

○ ラケットの面をしっかりスタッフ側に向けることにより、少しの力でボールがよくはねる

○ スタッフと参加者の呼吸が合わないとうまくいかないので、「1・2・3」など声をかけて行う

○ 手の力が弱い参加者の場合はスタッフが適宜介助したりする

【8】応用

○ 打つものを卓球ボールやバドミントンのハネなど変えてみる

【9】レク別名

バドミントンでポン


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です