カウボーイゲーム(投げ輪)

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

輪投げに引き寄せる動作を加えたもの。

【1】難易度

○ 身体上     やや高

○ 頭脳上     中

 

【2】期待される効果

○ 腕の筋力強化(投げる運動・引っ張る運動)

 

【3】材料

○ 直径30~40センチぐらいの輪(適当なものがなければ、新聞紙をまるめて輪を作った上にビニールテーピングしたりして作る)1個

○ 輪につけるヒモ(長さは、配置図の中央から参加者の位置までの長さプラス多少余裕を持たせた長さ)               1本

○ マトにするもの何でも(例えば、ぬいぐるみ、ペットボトルなど。但し、上記の輪よりも小さいもの)                  適当数

○ 色ビニールテープ(フロアに線を引くためのもの)                                              適量


スポンサーリンク




 

【4】事前準備

○ 上記の輪にヒモを取り付けたものを作っておく

 

【5】やり方

① あらかじめフロアーの適当な場所に配置図のような円を描き、その中にマトにするもの各種を並べる。マトそれぞれには得点を明示する。

標準的には、中央に最も高得点なボスキャラ的なものを置き、その周囲に得点の低いものを並べておく。

② 参加者は、上記の円の周りを取り囲むように円く置いたイスに座っていただく。

③ 1人ずつ、輪についているヒモの端を持ちながら、輪の方をマトに向かって投げていただく。

それは、マトに当てるのではなく、マトに輪をはめるつもりで。

④ マトに輪がはまったら、ヒモを引っ張って、輪にはまったマトをうまく引き寄せる。そして、円から出たらそのマトを獲得できる

⑤ 参加者が20名ぐらいまでの場合は、1人2~3回戦行う

⑥ 獲得点数の高い人の優勝

 

【6】注意

○ 麻痺のある参加者の方にはスタッフが適宜介助する

 

【7】工夫

○ 冗談バージョンとして、マトではなく、スタッフがマトの位置へ入って、その頭をねらってもらうなどもおもしろい


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です