エスケープ!!!

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

○ 身体上    中

○ 頭脳上    やや低

 

 

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練

○ 反射反応・集中力の向上

 

 

【3】材料

○ 空き缶               参加人数分

○ ヒモ

○ ビニールテープなど

○ 大きめのカゴ                1個


スポンサーリンク




 

【4】事前準備

○ 空き缶にビニールテープなどで頑丈にヒモを取り付ける。

ヒモの長さは、配置図のように、缶を置く位置から参加者の座席の位置までの長さに多少余裕を持たせた長さ。

これを一度に参加する人数分作っておく

○ 音楽を準備しておく

 

 

【5】段取り

① 参加者は図のように円形に並べたイスに座っていただく

② 缶を中央に並べ、それぞれのヒモを各参加者に1本ずつ持っていただく

ただし、缶を並べる範囲は、一度にカゴをかぶせられる範囲に並べる

③ スタッフが缶の傍らにカゴを持って控える

④ 音楽スタート

⑤ 音楽がストップしたら、スタッフが缶にカゴをかぶせるので、参加者はカゴにつかまらないように急いで缶をヒモで自分の方へ引っ張る

⑥ カゴにつかまってしまった缶は没収

⑦ 最後まで残るのは誰かが決定するまで繰り返し行い、最後まで残った人が優勝、とするのが基本(勝ち残り戦)

 

 

【6】工夫

○ 音楽は、参加者が知っていて、かつノリのいい曲が良い

○ 音楽を止めるタイミングがとても重要

○ カゴをかぶせるタイミングも重要。あまりにもすばやくかぶせると、一気に缶が減りすぎて、あっけないものになってしまうので、

うまく手加減する

○ 最初は音楽だとタイミングがとりにくい場合もあるので、「手拍子 → 手拍子に合わせた歌 → 音楽」

という風にレベルアップして行く方法もある

○ ヒモをひっぱったときにからみあわないようにうまく(きれいに)缶・ヒモをならべる

 

 

【7】注意

○ 缶の飛んでいく方向に注意


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です