ゆらゆら玉入れ

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

○ 身体上       中

○ 頭脳上       中

 

【2】期待される効果

○ 反射神経鍛錬

○ 上肢機能訓練


スポンサーリンク




 

【3】材料

○ 大きなカゴ(無ければ中くらいのカゴを結び合わせても良い)        1個

○ ヒモ

○ お手玉(ボールでも良いがはずれた球を集めるのが面倒)      多数

 

【4】事前準備

○ カゴにヒモを取り付けておく(下記やり方の用途を考慮の上で)

 

【5】やり方

① 参加者は、イスに座っている

② 参加者の前で、2名のスタッフがカゴのヒモのそれぞれの端を持ち、縄とびを揺らすように、揺らす

③ 参加者は1人10個とか所定の個数のお手玉を投げ、カゴに入れるようがんばる

④ 参加者全員が1人ずつ行った結果、カゴに入ったお手玉の個数の多い順に順位が決まる

 

【6】工夫

○ 何回戦か行う時間があれば、それぞれについて、カゴの揺らし方に変化をつけて、ゲームに変化をつける

○ 盛り上げ方として、カゴに入ったお手玉を、タンバリンなどでリズムをつけて他の参加者の方々とスタッフが一緒に

数を数えたりするとよい


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です