ドキドキ風船玉入れ

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

○ 身体上          中

○ 頭脳上          やや低

 

【2】期待される効果

○ 気分の高揚

○ そっと入れる作業による全身機能訓練

 

【3】材料

① ダンボール等の箱(風船をはめるのに適当な大きさのもの)      1個

② 傘(透明で、かつ先端がとがったものが良い)               1本

③ 輪ゴムまたはゴムひも                            適量

④ 縫い針                                     4本ぐらい

⑤ 発泡スチロール(5×5×10センチぐらいのもの)             1個

⑥ ボール(いろいろな大きさのもの)                      多数

⑦ 身の回りの色々なもの(ぬいぐるみ、棒、マイク等)          いくつか

⑧ 風船                                     いくつか

⑨ トランプ                                     1組

⑩ トランプ大のカード                     ⑦の個数分の枚数

 


スポンサーリンク




 

【4】事前準備

① 上記材料①~⑤を組み合わせて以下のようなものを作る

② 上記材料⑦の名前を⑩のカードの片面に記入しておく

【5】やり方

① 事前準備で制作した①を設置する

② ①の所定の位置に風船を設置する

③ 参加者は、じゃんけん等で順番を決める

④ ③で決めた順番に従い、参加者は1人ずつ行う

⑤ トランプを引いてもらう

⑥ トランプで出た数だけ材料⑥のボールを参加者が随意に選んで傘の裏の部分に入れる

⑦ ③で決めた順番に従い、参加者は1人ずつ⑤~⑥を繰り返していく

⑧ ただし、トランプでジョーカーが出た参加者には事前準備②で用意した別のカードを引いてもらい

(ボールではなく)そのカードに書いてあるものを傘の中に入れてもらう

⑨ 傘の下の針がだんだんと下に下りて来るが、それで風船が割れてしまった人の負け

 

【6】注意

○ このような風船パンクものは、参加者によって、スリルを越えて恐怖を感じたり、

あるいは心臓疾患等への悪影響がある人もある為、

参加者の状況をよく検討した上で採用するのが望ましい


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です