やや本格的風船バレー

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

 

風船バレーをただ円形になって打ち合うだけでなく、

本物のバレーボールのコートに近いようにして、

試合形式でやってみましょう。

対戦型なので、盛り上げやすいです。

 

【1】難易度

○ 身体上   中

○ 頭脳上   やや低

 

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練

 

【3】材料

○ 風船

○ パーテーションなど、「ネット」にするのにちょうどよいもの


スポンサーリンク




 

【4】事前準備

○ 上記材料準備

○ 何点先取にするかデュースありかなど参加者の能力に応じてルールを考えておく

 

【5】やり方

① 図のように2つのテーブルをくっつけ、間に「ネット」にするパーテーションなどをはさんで立てる

② パーテーションなどの場合、脚部分に手が当たったりすると危ないので、タオルなどで保護する

③ あとは、それぞれのテーブルの着席者同士が対戦相手となってバレーボールのゲームを行う

 

【6】ルール

○ ルールは参加者の能力に応じて、随意にアレンジしてかまいません。

○ ただ、何打以内で相手陣に返すかのルールは厳しいので、なしにして良いのではないでしょうか。

 

【7】注意

○ もちろん参加者が興奮して立ち上がったり、イスから伸び上がりすぎたりすることのないよう注意しましょう。

○ そのためにも、随時スタッフがサポートの手を入れてもかまわないのではないでしょうか。

 

【参考】関連レク

風船バレー(フラフープを通して)

風船打ち出しゲーム

ドキドキ風船玉入れ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です