ぐるぐる巻いて運んで競走

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション


【1】難易度

○ 身体上    中

○ 頭脳上    低

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練

【3】材料

○ ダンボール板

○ ひも

○ ラップの芯など円筒形のもの

○ “運ぶもの”各種(コップ、ぬいぐるみなど)

○ タイマー(必用に応じ)



スポンサーリンク





【4】事前準備

○ ダンボール板を適当な大きさに切り、ひも・円筒形のものを図のようにつなげておく

ひもの長さはフロアーの広さや参加者の能力により、適当に決める

【5】やり方

<タイムアタック>(1組で行うもの)

① フロアー上にビニールテープを貼り付けたりしてゴールラインとスタートラインを作る

② ゴールライン側の外側の適当な位置にイスを置く

③ 参加者(1人ずつ)がイスに座る

④ スタートラインにダンボールを置き、そしてその上に“運ぶもの”を置く

⑤ ひもを伸ばして円筒形の部分を参加者に持ってもらう

⑥ スタッフはタイマーを用意

⑦ スタッフは「よ~い、どん」と合図し、タイマーをオン。

参加者は円筒形をぐるぐる回してひもを巻き取ることにより、

ダンボール板(とその上の“運ぶもの”)をできるだけ早く、

ゴールラインまで到達させるようがんばる。

⑧ “運ぶもの”を落とさずにゴールラインを超えたら、スタッフはタイマーをオフ。

⑨ これを参加者1人ずつ行い、終了後、タイムの短い順にランキングして表彰する

<対抗戦>(2組以上で行うもの)

同じ装置を2組以上作り、複数の参加者が同時に行うことにより対抗戦にするもの

(早くゴールインした順に表彰)

【6】工夫

○ “運ぶもの”が途中でダンボールから落ちてしまった場合のルールは適宜決めてよい。

通常は落ちた位置から続きをやり直しとするが、スタートに戻すなどのルールもありうる。

○ また、運び方を厳しくする方法もある。つまり、“運ぶもの”がただダンボールに乗っていれば良いのではなく、

“運ぶもの”がコップにしろぬいぐるみにしろ、ひっくりかえらず“立った状態”でなければだめとするルールもありうる。

○ “運ぶもの”をコップやぬいぐるみに限らずいろいろ変えてみるとおもしろくなる可能性がある

【7】注意

○ 興奮すると参加者がイスから前に落ちる危険があるので注意

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です