くだもの収穫ゲーム

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

【1】難易度

○ 身体上   やや高

○ 頭脳上   中

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練

【3】材料

① マジックハンド 1個

なければ、このようなトングを作成して行うこともできる

適当な棒にビニールテープなどを巻いて作成

② 洗濯干し(枠にたくさん洗濯ばさみがついたタイプのもの)   大きいものがあれば1個なければ複数

③ 軽いボール   多数

なければ紙にくだものの絵を描いて作成



スポンサーリンク





【4】事前準備

① マジックハンドがなければ、トングを作成

② 適当な軽いボールがなければ、紙にくだものの絵を描いたものを多数作成

③ 上記②にセロテープをつけておく

【5】やり方

① 洗濯干しを天井などから吊るしす

② 洗濯干しの洗濯ばさみに、事前に準備された、“軽いボールにセロテープをつけたもの”

(もしくはくだものの絵にセロテープをつけたもの)をつけられるだけつける

③ 参加者は決められた位置に設置されたイスに1人ずつ座り、

④ 準備されたマジックハンド(またはトング)を持ち

⑤ それを利用して洗濯干しに取り付けられたボール(もしくはくだものの絵)を、

制限時間内に、できるだけたくさん取るようがんばる

⑥ 参加者1名が終ったら、次の参加者のために、もういちど、ボール(もしくは絵)を

洗濯干しに取り付けなおす

⑦ 全参加者がやり終えたところで、取った個数の多い順にランキングして表彰する

【6】工夫

① 引っ張ったら取れやすいチカラ加減で洗濯干しにくっついているのがミソなので、

事前にテストしてほどよい取り付け方法を研究しておく

② 制限時間は、状況に応じて決める

③ 腕力の弱い参加者などは、適宜スタッフがサポートする

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です