エアホッケー風テーブルテニス

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション

 

ボックスティッシュの空き箱でエアホッケー風のテーブルテニスをします。

この、ちょっと凝っているテーブルの仕様は、前出の「ドライヤーピンポン」でも使用のもので、

ボールのころがる範囲と強さを押さえることによって、運動が激しくなり過ぎないようにする工夫です。

ですが、必ずしもここまでのものでなくても、周囲を囲っただけでもやれなくないと思います。

【1】難易度

○ 身体上    中

○ 頭脳上    やや低

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練

○ 反射神経訓練


スポンサーリンク




 

【3】材料

① ボックスティシュの空き箱    2個

② 野球ボール大のソフトなボール   1個

③ 頑丈なボール紙もしくはダンボール板           適量

④ ビニールテープ等                       適量

⑤ ピンポン台に適した長めの大きいテーブル        1基

(大きいものがなければ中央で2基を合わせて行うことも可能)

⑥ イス                               2基

【4】事前準備

○ 上記材料の③~⑤で、図のような専用台を作っておく。

しかし、上述の通り、ここまで凝ったものでなくてもできなくはないと思われます。

【5】やり方

○ ボックスティシュの空き箱をラケット(エアホッケーでは正式には“マレット”と言います)がわりにして、

ソフトボールを打ち合い、テーブルテニスを行います。参加者は基本的には、イスに座って行います。

○ 得点方法、終了条件などのルールは、卓球のルールを基本にしながら、

参加者や時間等の状況を加味してルール決めて行う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です