3色タンバリン早打ちゲーム

福祉・介護・高齢者向け“手作り”レクリエーション


 

【1】難易度

○ 身体上   やや上

○ 頭脳上   やや上

【2】期待される効果

○ 上肢機能訓練

○ 反射神経訓練

【3】材料

○ タンバリン       3個

○ 赤・黄・青の色紙   各1枚

○ ハリセン(ハリセンでなくても、新聞紙を棒状にまるめたようなものでもよい) 2本

○ テーブル    1台

○ イス   2個



スポンサーリンク





【4】事前準備

○ タンバリンの打つ面にそれぞれ赤・黄・青の色紙を貼り付けておく

○ ハリセン(ハリセンでなくても、新聞紙を棒状にまるめたようなものでもよい)を2本作成

【5】やり方

① テーブルに3色のタンバリンを図のように中央に並べる

② 参加者2名に図の位置のイスに座ってもらう

③ 各参加者にハリセンを持ってもらう

④ スタッフが赤または黄または青の色を声に出して言う

⑤ 参加者はできるだけ早く言われた色のタンバリンをハリセンでたたくようがんばる

⑥ 先にたたいた方の参加者に1点

⑦ 5回(状況により変更可)行い、点数の多い方の参加者が勝利

⑧ 勝ち抜き戦にして全参加者が交代して行い、勝ち抜いた人を表彰する

【6】工夫

○ スタッフによる「赤」「黄」「青」の掛け声は、赤白旗あげのリズム

(「赤あげて、白あげて、赤さげないで、白さげない」みたいな)でやって盛り上げる

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です